顔だけがたるむ?いいえ、全身がたるんでくるのです

最近、どこもかしこもたるんで来たと思いませんか?

 

身体をまじまじと見る習慣のない人は、気付いていない人もいるかもしれませんが、顔がたるんできたら、まず体中たるんでいます。

 

普通の生活をしていたら顔だけたるむと言うことはまずないと思います。(特殊なケースを除いて) 全身が映る鏡で全裸になってみてチェックしてみるとよくわかります。

 

特に、ひざの上や二の腕はたるみが現れやすいので、ここを見ると良くわかります。年齢はひざの上に出ると言いますが、本当ですね。

 

中年の海外セレブ達は、パパラッチからひざ上の写真を撮られるのを嫌います。ですので、顔の他にも、ひざのお手入れを欠かしません。

 

体は鍛えても顔の筋肉はなかなか鍛えない

 

身体のお手入れは、運動と言う形で鍛えることができます。最近では、ヨガやカーブスのような中年女性専用のジムが大盛況です。

 

ここでは、主に体の筋肉を鍛えるプログラムを提供しています。顔の筋肉を鍛える運動も組み込んでくれたらありがたいですよね。

 

最近のテレビ番組では、顔を鍛える体操などが紹介されますが、なかなか習慣づかないのは私だけでしょうか。

 

身体は、サークルや散歩、ジムやエアロビックス、ヨガなど鍛える施設や仲間がいても、顔はそう簡単にはいかないものです。

頬のたるみは「体操・化粧品・食事」トリプルで攻める

頬のたるみを何とかしようと思う人は、化粧品に頼る人、体操で筋肉を鍛える人、食事を気にする人、この3つを実践する人と言うことになるでしょうか。

 

できればどれか1つではなく、トリプルで攻めることが理想です。

 

また、生活習慣を見直し、栄養が偏らないよう、睡眠不足にならないよう、規則正しい生活も大切です。

 

それでも、歳をとることを止めることはできないし、過去に戻ることはできません。せめて老化のスピードを遅らせることができたら・・・と思いますね。

 

(※今までサボっていた人は、理想的な生活をすると、若返り効果が速く現れることがあります。)

今より若返る簡単な方法

では、どうしたらちょっとでも今より若返るか?それは、現在の医学では細胞レベルに働きかけるしかありません。

 

iSP細胞の技術がもっと進んだら、若返りの皮膚再生が可能になるかもしれませんが、まずは火傷のような医療現場が優先です。私達、40代に間に合う医療になるかは微妙ですよね。

 

iPS細胞の再生治療とまではいかなくても、細胞に働きかける成分であれば、肌は再生するはずです。

 

そんな化粧品があれば、もう少し楽に肌が若返るはず。

 

そこで、細胞レベルに働きかける化粧品を探してみると、FGFと言う成分がありました。FGFは、元気がなくなったコラーゲンを増やすための細胞そのものに働きかける成分です。

 

体中のコラーゲンが減少し、全身がたるんでいる世代は、本来ならこのFGFの含まれた化粧品を全身に使いたいところです。

 

しかし、高価な成分ですので、大金持ちでもない限りこれは無理と言うもの。現実的な話ではありません。

関連ページ

たるみの解消は肌細胞に働くグロースファクタ
年齢とともに肌にハリがなくなると、頬はどんどん下がってきます。それとともにほうれい線もくっきりと目立つようになります。またフェースラインも崩れ出し、頬の形が凸凹に。こうなるともう老け顔まっしぐらです。そんなたるみの解消には細胞レベルから修復可能なグロースファクタの化粧品を試してみませんか。