日本酒ゆらいの化粧水を続けています

少し前からよく取り上げられる、話題の「日本酒ゆらいの化粧水」について、私が実際にしばらく使い続けての感想です。

 

私は20代の時は、お肌のトラブルに悩まさることがほとんどと言っていいほどありませんでした。お風呂上がりに、化粧水とかクリームとか、何にもつけなくても平気だったほどです。

 

それが、30代に入ってすぐくらいから、ひどい肌荒れ特に吹き出物に悩まされるようになりました。薬を塗っても、病院に行っても治らないのでお手上げ状態でとりあえずやってみようと思って始めたのが、日本酒ゆらいの化粧水をたっぷり使って保湿に力を入れる、という方法です。

 

色々調べると、吹き出物の対策が間違っていることが分かりました。吹き出物は、水分が足りない場合と油分が多すぎる場合とどちらもできるのです。

私の吹き出物攻略法

私の場合、まず油分を抑え水分をたっぷり与えてみることにしました。

 

お風呂上り、できるだけ早く、乾燥しないうちにコットンに化粧水をスプレーして染み込ませ、それを最低2回繰り返します。コットンにする理由は、少しの間肌に乗せておくことができるからです。

 

日本酒ゆらいの化粧水は色々あるのですが、私が使ってみたのは、コーセーの米肌と大関のR2Oです。どちらも使用感はあまり変わりませんでした。

 

今は、コーセーの米肌のローションを続けています。

 

朝は忙しくてバタバタしてゆっくりスキンケアする時間がない時が多いですが、最低でも2回以上はしっかり化粧水を染み込ませるようにしています。

 

朝晩それぞれ、化粧水をしっかり染み込ませたあとに、オイルは使わず、さらっとしたクリームでさらにしっかり保湿をするという方法を行なっています。

 

化粧水は1,2回の使用ではあまり潤った感じがしませんでしたが、化粧水をつける時間を惜しまず、しっかり時間をかけて染み込ませることを繰り返しているうちに、肌がしっとりし、吹き出物がなくなりました。

 

私は、この方法を1年ほど続けていますが、吹き出物以外にも乾燥肌にも効果があるようです。私の場合、「乾燥=吹き出物」と言う感じだったのだなぁ〜と思っています。

関連ページ

化粧水はジャブジャブ派?適量派?適量とは?
化粧水をジャブジャブこれでもか!と言うほどつけるタイプと適量を付けるタイプに分かれると思います。私は、適量派です。適量とは、それぞれのメーカーが成分などを考慮して決めている量です。ですので私は購入するとき適量をしっかり聞くようにしています。
フォトフェイシャルより化粧水でシミ取に挑戦
薄いシミならフォトフェイシャルで取れると言われていますが、美容皮膚科の施術なくして化粧水でシミが薄くなるのか挑戦しています。
安い化粧水を大量に使う というのをやめました
今まで、ドラッグストアなどに売っている600円ほどの安い化粧水を大量に使う美容法を続けてきました。高い化粧水をケチってちびちび使うより、安い化粧水をじゃぶじゃぶ使うほうが良いと思っていたからです。
お風呂で化粧水パックでふっくらハリ肌に
年齢肌が気になり始めたのは、ほうれい線と毛穴の開き。ほうれい線はあくびをしたり大笑いすると跡が消えなくなりました。毛穴は、頬が下がって丸から涙型になりました。これはマズい!急いで始めた美容法は、お風呂で化粧水パックでした。
潤いのない肌はトラブルだらけ 水分のない干物はすぐ焼ける
生の魚と干した魚の違いは、焼くとわかります。生魚はなかなか焼けませんが、干物はすぐに焼けます。ここから想像すると、うるおいの無い肌は外的影響を受けやすいと言うことですね。
目じりが下がって「たれ目」になった
無防備だった20代をすぎて35歳くらいから代償が現れました。毛穴の形が丸から涙型に広がり、目じりが下がって「たれ目」になりました。そんな年齢肌を解消できたのが米肌の化粧水と石けんでの洗顔でした。
化粧水のつけ方談義 手の平派?コットン派?
化粧水はコットンを使いますか?それとも手で付けますか?化粧品のメーカーは必ずコットンを使いましょうと言います。手の平でつけると均一にならないと言います。これって本当でしょうか。
私が美肌を維持する秘訣
私は30歳を過ぎたころから急激に肌トラブルに見舞われ、自分に合った肌ケアの大切さを知りました。私が実践し美肌を取り戻した秘訣を公開します。