化粧水はコットンでつける?手の平でつける?

化粧水のつけ方は人それぞれ違うと思います。まずは、コットンを使う人と使わない人。使わない人は手の平にとって顔になじませる方が多いと思います。

 

化粧品メーカーや美容部員さんに聞くと、コットンを使いましょう〜と言います。理由は、均一に塗れるから。

 

化粧水用コットン

 

でも、手の平で塗っても均一に塗れるのでは?とず〜と疑問に思ってきました。

 

先日ある番組で、日焼け止めを手で塗るか?スポンジなどに付けて塗るか?と言う実験をやっていて、それを見た時、結果にはちょっとビックリしました。

 

手で塗った肌とスポンジを使って塗った肌を顕微鏡で見くらべると、手で塗った方が明らかに塗り残しがあるのです。

 

番組のことなので、担当した美容専家や美容皮膚科の意に沿った内容になるかと思いますが、これが本当なら、今まで手で塗っていた私は塗り残しがあったはずです。(決してヤラセとは言っていません)

 

これと同じく、化粧水もコットンで〜と言うことでしょうね。ただ、乳液か、ファンデーションか、付けるものによって違ってくると思います。

 

手の平に取って優しく丁寧に塗り込んで、最後に手の平で顔を覆って体温で成分を浸透しやすくすると言う説もあります。皮膚科医では、こちらを支持する医師が圧倒的多数です。

 

また、コットンで塗ると肌への摩擦が刺激になり、それがシミの原因になると言う意見もあります。とにかくシミの原因は、紫外線によるメラニンと摩擦などの外的刺激が色素沈着を起こしたものです。

どちらが正解か?

私は手の平でつけるタイプです。

 

理由は
コットンの摩擦が肌への刺激になりそうだから
コットンを使うと化粧水の減り方が激しいから
手の平なら肌の状態を確認しながらつけられるから
手の温かみが肌に伝わるから
こんなところです。

 

一番の理由は、コットンを使うとあっという間に化粧水が終わるから。

 

ちびちびケチって付けているわけではありません。手のひらでつけるときも何度は重ね塗りをします。コットンに沁み込む量を考えたら、手に沁み込んだ方が手のお手入れもできて一石二鳥だと思うのは、ちょっとケチですね(笑

 

と言うことで、私は手の平派ですが、皆さんはコットン派ですか?手の平派ですか?

 

ちなみに、コットン派の方は、多少高くても質の良いコットンを選んだ方が良いです。ティッシュも同じで、肌への刺激がより少なく、肌に優しくなります。

関連ページ

化粧水はジャブジャブ派?適量派?適量とは?
化粧水をジャブジャブこれでもか!と言うほどつけるタイプと適量を付けるタイプに分かれると思います。私は、適量派です。適量とは、それぞれのメーカーが成分などを考慮して決めている量です。ですので私は購入するとき適量をしっかり聞くようにしています。
フォトフェイシャルより化粧水でシミ取に挑戦
薄いシミならフォトフェイシャルで取れると言われていますが、美容皮膚科の施術なくして化粧水でシミが薄くなるのか挑戦しています。
安い化粧水を大量に使う というのをやめました
今まで、ドラッグストアなどに売っている600円ほどの安い化粧水を大量に使う美容法を続けてきました。高い化粧水をケチってちびちび使うより、安い化粧水をじゃぶじゃぶ使うほうが良いと思っていたからです。
お風呂で化粧水パックでふっくらハリ肌に
年齢肌が気になり始めたのは、ほうれい線と毛穴の開き。ほうれい線はあくびをしたり大笑いすると跡が消えなくなりました。毛穴は、頬が下がって丸から涙型になりました。これはマズい!急いで始めた美容法は、お風呂で化粧水パックでした。
潤いのない肌はトラブルだらけ 水分のない干物はすぐ焼ける
生の魚と干した魚の違いは、焼くとわかります。生魚はなかなか焼けませんが、干物はすぐに焼けます。ここから想像すると、うるおいの無い肌は外的影響を受けやすいと言うことですね。
目じりが下がって「たれ目」になった
無防備だった20代をすぎて35歳くらいから代償が現れました。毛穴の形が丸から涙型に広がり、目じりが下がって「たれ目」になりました。そんな年齢肌を解消できたのが米肌の化粧水と石けんでの洗顔でした。
私は化粧水で吹き出物を攻略しました
吹き出物の原因は、身体の中からと体の外からの両方が考えられます。体の外からは、お肌のうるおい不足や、過剰な油分から起こることがあります。私の吹き出物攻略法は、オイルをやめて水分をたっぷり補いクリームを薄く塗ること解消することができました。
私が美肌を維持する秘訣
私は30歳を過ぎたころから急激に肌トラブルに見舞われ、自分に合った肌ケアの大切さを知りました。私が実践し美肌を取り戻した秘訣を公開します。