フォトフェイシャルより化粧水でシミが取れるか?

私は乾燥肌で、以前より顔の小さなシミとくすみが気になっていました。数年前はお肌にもっと透明感があったような気がするのですが、だんだんとお肌がくすんできたように感じていました。

 

でも、美容クリニックなどでフォトフェイシャルなどの施術をするのはなんとなく抵抗があります。

 

フォトフェイシャルは、施術後シミの部分がかさぶた状態に浮かび上がり、1週間から10日後にかさふたの様にぽろっと取れると言います。

 

施術後のダウンタイムが1週間から10日あると言うのがネックで、その間は、結構汚い顔になります。その間、仕事など休めないので、化粧水などでなんとか出来ないか考えました。

 

そして、自分なりに調べてみたところ、もしかして、今使っている化粧水が合っていないのかもしれないと思い始めました。

 

今使っている化粧水は、美白にいいとされているものですが、様々な成分が配合されているのです。多種多様の化粧水がある中、私には肌に負担のかからない無添加の化粧水の方がよさそうだと思い試してみることにしました。

 

肌は表面の常在菌を殺さないように、いつも弱酸性に保つことが大切だと言うことが分かり、合成界面活性剤やシリコン系の原料が含まれていないものを選んでみました。

 

また、私は合わない化粧水を肌に付けた場合、必ずピリピリ、ヒリヒリとした刺激をすぐに感じるのですが、アスタリフトの化粧水は、全く刺激を感じなかったので、自分の肌に合いそうだなと思いしばらく続けてみることにしました。

 

そして、ひと月が過ぎたころ、肌のくすみは少し改善され、透明感が出てきたような気がしました。洗顔後はたっぷりと使用し、保湿対策も十分おこなっていました。

 

自分なりの化粧水を塗るときのコツは、1回の使用で2,3回重ね塗りをすることです。

 

さらに、この化粧水を使い始めてから、2〜3ヵ月ぐらい経った頃に、洗顔後に何気なく鏡をみた時、今まで感じたことのない肌の均一感というか、一皮剥けたような透明感がでてきていたのです。

 

顔の小さなシミについては、今のところあまり変化がないですが、根気よく使い続けてみようと思っています。

 

化粧品でどうにもならなくなってからなら、フォトフェイシャルに臨む決心もつきそうです。

関連ページ

化粧水はジャブジャブ派?適量派?適量とは?
化粧水をジャブジャブこれでもか!と言うほどつけるタイプと適量を付けるタイプに分かれると思います。私は、適量派です。適量とは、それぞれのメーカーが成分などを考慮して決めている量です。ですので私は購入するとき適量をしっかり聞くようにしています。
安い化粧水を大量に使う というのをやめました
今まで、ドラッグストアなどに売っている600円ほどの安い化粧水を大量に使う美容法を続けてきました。高い化粧水をケチってちびちび使うより、安い化粧水をじゃぶじゃぶ使うほうが良いと思っていたからです。
お風呂で化粧水パックでふっくらハリ肌に
年齢肌が気になり始めたのは、ほうれい線と毛穴の開き。ほうれい線はあくびをしたり大笑いすると跡が消えなくなりました。毛穴は、頬が下がって丸から涙型になりました。これはマズい!急いで始めた美容法は、お風呂で化粧水パックでした。
潤いのない肌はトラブルだらけ 水分のない干物はすぐ焼ける
生の魚と干した魚の違いは、焼くとわかります。生魚はなかなか焼けませんが、干物はすぐに焼けます。ここから想像すると、うるおいの無い肌は外的影響を受けやすいと言うことですね。
目じりが下がって「たれ目」になった
無防備だった20代をすぎて35歳くらいから代償が現れました。毛穴の形が丸から涙型に広がり、目じりが下がって「たれ目」になりました。そんな年齢肌を解消できたのが米肌の化粧水と石けんでの洗顔でした。
私は化粧水で吹き出物を攻略しました
吹き出物の原因は、身体の中からと体の外からの両方が考えられます。体の外からは、お肌のうるおい不足や、過剰な油分から起こることがあります。私の吹き出物攻略法は、オイルをやめて水分をたっぷり補いクリームを薄く塗ること解消することができました。
化粧水のつけ方談義 手の平派?コットン派?
化粧水はコットンを使いますか?それとも手で付けますか?化粧品のメーカーは必ずコットンを使いましょうと言います。手の平でつけると均一にならないと言います。これって本当でしょうか。
私が美肌を維持する秘訣
私は30歳を過ぎたころから急激に肌トラブルに見舞われ、自分に合った肌ケアの大切さを知りました。私が実践し美肌を取り戻した秘訣を公開します。