日本酒ゆらいの優秀な化粧水を探してみた

お米由来の化粧品で優秀な化粧水を探していました。

 

実は、お米の発酵する力を使って本来の肌を取り戻す基礎化粧品は、本当に優秀です。

 

一番先に思い浮かぶのは、SKII。これは、ピテラの働きでお肌をクリアにする基礎化粧品です。ピテラとは、米酵母(こめこうぼ)が発酵する時に作られる液体です。

 

杜氏(とうじ)の手がいつまでも美しいのはなぜか?と言う疑問からたどり着いたSKIIが誇る成分ですね。杜氏とは、お米からお酒を造る人です。

 

しかし、SKIIはご存知の通り使い続けるにはちょっと価格が高いと感じる人も多いと思います。

 

セレブな方や高給な方は問題ありませんが、一般ピーポーの私は使い続けると家計に響きます。

 

そこで、SKIIに「近い使い心地」と「高い効果」がある化粧品を探しました。これが、お米由来の化粧品を探し回った理由です。

 

お米の力は、各社が競って化粧品に利用しています。

 

それぞれのお酒のメーカーも、お米の力を利用した基礎化粧品を開発しています。

酒造メーカーが作るお米ゆらいの基礎化粧品

例えば、「日本盛は良いお酒〜♪」でおなじみ日本盛は「pour moi(プモア)」、ワンカップ大関でおなじみの「大関」は、「R2O」シリーズ、どちらも、米発酵液(純米酒)や玄米、米ぬかエキスなどから精製した美肌成分が売りものです。

 

菊正宗や白鶴にいたっては、一升瓶ほどの日本酒ゆらいの成分が含まれているのに、500mlと大容量で799円と激安でした。

 

私は、日本盛の「プモア」や大関の「R2O」どちらも試してみましたが、米由来の発酵エキスがSKIIと似たものもあり、そこそこの満足感は得られました。

 

10代の頃から、この手のお米由来の製品をずっと使い続けていれば、30代、40代の肌はもう少し違っていたのでは?と思います。

 

そんなお米ゆらいの化粧品で一番のおすすめは、「米肌(まいはだ)」です。

米肌(まいはだ) 保湿力アップで自ら潤うを創り出す

ライスパワーNo.11

米肌の売りはなんといっても「ライスパワーNo.11」です。

 

ライスパワーNo.11は、米発酵エキスで、角質層の水分保持能力を改善できると国に認められた唯一の有効成分です。

 

いつまでたっても乾燥肌が改善しない方、自ら潤う力が欲しい方、今より潤いをアップしたい方は一度は試してみたい成分です。

 

「大豆発酵エキス」と「ビフィズス菌発酵エキス」

科学の力では作ることのできない「大豆発酵エキス」と「ビフィズス菌発酵エキス」などの潤いを取り込む力を持つ発酵成分で、肌全体から潤いを創り出すよう作られています。

 

米肌のメリット

 

私が今まで使用してきた化粧水は、どちらかというと潤いを与えるだけのタイプ。付けたあと一瞬は潤いますが、潤いが継続しない「即席うるおい肌」になっていました。

 

ずっと潤い続ける肌にするためには、「セラミド」を生み出す力をつけることが先決。

 

ライスパワーNo.11 を継続的に使用することで、セラミドを補うのではなく、自ら作り出す力をつけることを目指しています。

 

3か月間の使用で、セラミドの量が約1.4倍になったと言う報告があります。

 

ライスパワーNo.11は、低分子(分子が小さい)なので肌の深部まで浸透し、高い保湿力と持続性を発揮することができます。

「乳酸Na」と「グリコシルトレハロース」

 

米肌には、「乳酸Na」と「グリコシルトレハロース」も含まれています。これらの成分は、肌内部の水分だけでなく、空気中の水分すら自ら取り込み、抱え込むことができるというから驚きです。

 

そういえば、トレハロースは砂漠に生える植物「イワヒバ」などに含まれ、乾燥してカラカラになっても雨が降ると元の青々とした状態に戻すことができる成分です。

 

干ししいたけが水に戻すと元のプルプル状態に戻るのは、トレハロースが含まれているからと言います。

米肌(まいはだ)の申し込み方法

米肌は、コーセー化粧品が開発した基礎化粧品シリーズですが、購入はネットのみとなります。

 

楽天などでも販売していますが、トライアルは1,389円(税抜)と安く、送料がかかってしまうので、楽天ポイントなどを考慮しても「コーセーの公式サイト」から購入する方がお得です。

 

14日分トライアルの詳細

 

米肌サンプル

 

●おひとり様1回限り
●価格 1,389円(税抜)
●送料 無料
●容量・形態 トライアル(石けん、化粧水、クリーム、マスク、エッセンス)
●使用期間目安 約14日間
●お支払方法 コンビニ決済/郵便振替(後払い)・クレジットカード

 

米肌公式ページ

届いたその日から使ってみました

届いたその日から2週間使ってみた感想です。

 

米肌の使用感

 

まずは、化粧水。SK2の方がさっぱり感が強いように思います。米肌の方がSK2よりとろみを感じます。

 

脂性の方はSK2の方が向いていると思います。(※個人の感想です) 

 

シミ・シワ・たるみ・毛穴の開き・ほうれい線・乾燥肌とすべての悩みを抱えている私は、いままでの化粧水は「超しっとりタイプ」ばかり使っていました。

 

超しっとりタイプを使っているにも関わらず、それでも潤わないのは、グリセリンなどで化粧水の濃度をあげているものを使用してきたからかと思います。

 

乾燥肌を改善するのは、濃度ではなく成分なんですね。

 

それでも、化粧水で物足りない人は、トライアルの中にエッセンスもありますので、付けた感じと付けない感じを両方試してみると良いですね。

 

私は、エッセンスを必要とすることなく、化粧水とクリームで十分でした。

 

化粧品と言えば、化粧水と乳液やエッセンスにばかり目を向けますが、米肌は石けんがかなり良かったです。

 

乾燥肌の人は、クリームタイプの洗顔料や泡タイプの洗顔料では皮脂を取り過ぎてしまうので、固形石けんが向いていると言います。

 

今まで、資生堂の洗顔フォームを使っていましたが、これを機会に固形石鹸に替えてみました。

トライアルを使ってみて良かったので本製品を買っています

トライアル使用後、これはかなりイイかも・・と感じたので、本製品を購入しました。

 

定期購入を申し込むと、初回は1本の価格でもう1本送られてきます。つまり初回は1本の価格で2本届きます。

 

また、継続すると3回に1回のスパンで1本に付きもう1本のプレゼントがあります。お届けのスパンは、自分の都合で「毎月」、「2か月ごと」、「3か月ごと」の3コースから選べるし、変更も自由です。

 

初回、購入時に、「ボトル2本」か「ボトル+詰め替え用」かどちらか選べます。詰め替え用は多少お得になっています。

 

私は、2か月ごとの定期コースで、「ボトル+詰め替え用」を選びました。

 

コーセー米肌詰め替え用

 

詰め替えることが面倒な方は、そのまま申し込むと2本ともボトルになります。

 

コーセー米肌がお得な訳

 

定期購入や化粧水の詳細は、トライアルに同梱されている説明書を見ると、良くわかるようになっています。

 

継続するかどうかは、トライアルを使用してみて良いと実感できてからですね。

 

米肌サンプル

 

米肌公式ページ

 

また、定期コースには、魅力的な「おまけ」が同梱されてきます。

 

「おまけ」なんか要らないから製品を安くして〜と言う意見もあるかと思いますが、魅力的な「おまけ」は楽しみの1つになりましたw

 

米肌定期便のおまけはこちらボタン