年齢を重ねると「目が小さくなる」

20代、30代、40代、50代と同じ女性の写真を見比べるとわかりますが、目がだんだんと小さくなっています。

 

若い頃はパッチリとした目立ったのに、歳とともに目の輪郭がぼやけ、なんだかハッキリしない目になっていませんか?

 

これは、目の周りの皮膚や筋肉がたるんだり弛んだりするせいです。

 

歳を取ると、目が三角になるのってあるんです。

 

筋肉や皮膚のたるみやゆるみを解消する

目の周りの筋肉や皮膚のたるみによって生じる「三角目」。

 

これは、まぶたの筋肉が痩せてまぶたが下がってくることと、顔全体の筋肉が緩むことで目尻りが下がることで起こります。

 

これを解消するには、外からのケアと内からのケアと両方必要です。

内からのケア

内からのケアは、目の周りの筋肉を鍛えること。

 

これは、目の周りの筋肉のエクササイズでゆるんだ筋肉をしっかりと締めていくことでたるみを解消し、パッチリとした目を目指します。

 

外からのケア

外からのケアは、アイクリームなどで皮膚に働きかけます。

 

さらに、マッサージにより、血液やリンパの流れを良くし、余分な老廃物を洗い流すことで目元をスッキリさせます。

関連ページ

顔の乾燥肌をどうにかしたい|乾燥肌には3つのタイプ別対策
顔が乾燥する。これは若い人にも多い悩みです。顔の乾燥肌の場合、原因は3つ。代謝が停滞しているタイプ、バリア機能が低下しているタイプ、お手入れ不足が挙げられます。顔が乾燥している原因は何か?を見極めると乾燥肌が改善することがあります。
肌のめぐりのリズムを知って正しいお手入れを
人にはめぐりのリズムがあります。めぐりのリズムを知ることで、効率的なお手入れをすることも可能です。
お米由来の洗顔石けんで顔の汚れは「こすらずに落とす」
顔の汚れはこすらずに落とすことがポイント。刺激に弱いお肌の洗顔はとにかくすばやく洗い上げること。それでいて汚れはしっかり落す洗顔料を使用するのが理想です。こすり過ぎは全てシミの元になります。泡立ちが良く肌に優しいのに汚れはしっかり落とし泡切れの良い、お米ゆらいの石けんをご紹介します。