ターンオーバーの乱れがシミを増やす

毎日のスキンケアの中で、お肌のターンオーバーを正常に機能させるためにも、化粧水で日々充分な保湿をする事は、シミのない、透き通ったお肌を目指す為にもとても大切です。

 

そもそもシミの原因は、紫外線等によって過剰にメラニン色素が発生し、そのメラニン色素が角質として剥がれ落ちず、肌に沈着してしまうためです。

 

紫外線によるターンオーバーの乱れ

 

本来このメラニン色素は、お肌のターンオーバー(お肌の新陳代謝)の働きによって、剥がれ落ちるはずなのですが、紫外線によって過剰にメラニン色素が発生しまうとターンオーバーが追いつかなくなります。

 

また、加齢により新陳代謝が悪くなると、ターンオーバーのサイクルが乱れることで、これもシミを生む原因になります。

 

一般的にターンオーバーのサイクルは28日と言われていますが、年齢とともにこのサイクルはどんどん長くなります。

 

ターンオーバーは、加齢の他、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、睡眠不足等によっても乱れます。

 

こうなると、古い細胞が剥がれず、新しい細胞に入れ替わる事が出来ません。するとシミの原因になるだけではなく、その他の肌トラブルまで招いてしまうのです。

お肌のターンオーバーを正常に機能させる為に意識すること

まず基本的な事は、紫外線を極力浴びない事です。どうしても紫外線を浴びなければいけない場合には、日焼け止めは必須アイテムです。

 

さらに喫煙も控えましょう。喫煙は、お肌の真皮というところで生まれる、繊維細胞のコラーゲンや、保湿成分のヒアルロン酸、さらに弾力成分のエラスチン等の、天然の美容成分を破壊してしまいます。

 

これらが破壊されることによって、お肌は水分保持能力を失うだけではなく、ターンオーバーの低下や、お肌のたるみ等といった事にも繋がります。いつまでも若若しいお肌を保つためにも、喫煙は控えた方が望ましいです。

 

そして、ターンオーバーを低下させないためにも、睡眠不足は控えましょう。睡眠の中のノンレム睡眠時に発生する成長ホルモンが、紫外線やほこりやその他の外的要因で傷ついた細胞を、修復したり、新しい細胞を生んでいるのです。

 

成長ホルモンを分泌させる黄金タイムは22時から2時で、その間に眠らないと美容に悪いと言われてきましたが、その説は間違いだと分かりました。

 

また、ストレスもターンオーバーを低下させてしまう原因になります。ストレスを溜めない為にも、お風呂に入ってリラックスすることや、好きな事をして楽しく過ごす事も大切です。

関連ページ

フォトフェイシャル体験談 フォトRFを受けてみた
美容皮膚科でフォトRFを受けてみました。結果から言うと、薄いシミは消えました。問題は、消えるまでの1週間から10日は顔が思い切り汚くなるし、本当に消えるかどうか不安でいっぱいでした。
血管を若返らせるとシミが消える!
シミは自分の身体を現すバロメーターでもあります。シミは、化粧品や塗る薬など体の外から薄くする方法と体の中から薄くする方法があります。今回は、血管年齢を若くしてシミを薄くする方法をご紹介します。
赤いシミを消す薬「イミキモドクリーム」
シミには色々なタイプがありますが、赤いシミはガンの種が隠れていることがあります。この赤いシミは薬で消すことができます。薬の名前は、「イミキドモクリーム」。皮膚科で処方してくれます。