私が試した日本酒ゆらいの化粧水とその成分

私が試した日本酒ゆらいの化粧水と成分の一覧です。

イメージ 定価(容量) 主な有効成分
SK2 ◆SK2

9,180円
(75ml)
23,760円
(230ml)

ピテラ
米肌 ◆米肌

5,400円
(120ml)

ライスパワーNo.11
ライスフォース ◆ライスフォース

8,640円
(120ml)

ライスパワーNo.11
ライースリペア化粧水 ◆ライースリペア

8,640円
(120ml)

ライスパワーNo.11
ライスビギン ◆ライスビギン

 オールインワン
8,640円
(80ml)

ライスパワーNo.11
日本盛プモア ◆日本盛プモア

3,456円
(120ml)

酵母エキス・

乳酸菌

大関R2O ◆大関R2O

3,024円
(120ml)

玄米発酵液
菊正宗化粧水 ◆菊正宗

799円
(500m)

純米大吟醸酒

※上記の価格は定価です。割引やキャンペーン、定期購入などで安く買える商品もあります。

酒造メーカー「大関」の「R2O」化粧水

お米から日本酒を作る過程でできる発酵エキスが肌に良いと言うことで、その成分を含む優秀な化粧水があります。

 

その代表格が、SK2です。SK2は、その発酵エキス「ピテラ」の働きで、数十年後もお肌をクリアにする働きがあると言います。

 

大人気ですよね。しかし、悩みはその価格です。庶民にはなかなか手が出せません。

 

誕生日とか何かのご褒美にスポットで買っても、長く続けなければ意味がないと思っていたので、SK2に代わる化粧水を探していました。

 

そこで、いろいろ使用してみた内の1つが酒造メイカー「大関」が販売する「R2O」シリーズの基礎化粧品です。

大関R2O 化粧水と乳液

大関R2O化粧水

 

ワンカップでお馴染みの「大関」の基礎化粧品です。このほかにクリームがあります。

 

玄米で造った日本酒からアルコール分を取り除いた天然美肌成分・玄米発酵液を60%も配合しています。

 

玄米に含まれるビタミン・ミネラルと、発酵によりつくられたバランス良好のアミノ酸が特徴です。

 

私は、化粧水と乳液とセットで買って使ってみました。

使用感

使用感は、非常に良いと思います。嫌なニオイもせず、塗った直後はさらっとしてますが、潤いは持続する感じがしました。

 

大関R2O基礎化粧品

 

日本酒ゆらいだけあって保湿力もあると思います。

 

価格は、酵母ゆらいの化粧水の中では比較的リーズナブルです。

 

普通肌の方は問題なく使える良い商品だと思いますが、私は乾燥肌ですので、夏場のみの使用となりました。

 

乾燥肌の方、年齢が高い方は、もう少し「強いリッチ感」と「自ら潤う力を引き出す効果」が欲しいところです。

 

結論から言うと、色々比べた結果、使い心地と期待できる効果とコスパで、私は「米肌」を使っています。

 

米肌の詳細はこちら