洗顔は「こすらず落す」 のが理想 刺激はシミの元

肌は、洗顔料や石鹸に含まれる化学的な刺激を受けやすく、さらに、「肌をこする」など物理的な刺激により炎症を起こします。

 

洗顔によるこすり過ぎが原因でシミができることも。泡洗顔に変えたらシミが消えたという報告もあります。

 

とにかく、肌をこするということは非常に危険な行為です。

 

でも、こすらないと汚れが落ちないのでは?と思ったりもしますよね。

 

実は、汚れは泡が包み込んで落とすので、決してこすって落ちるわけではないのです。

泡の量で落ち方が違う

刺激をさけるために泡を少なくしたり、不要な汚れを落とさないのは本末転倒です。

 

豊富でもっちりした泡が手と肌の間のクッションとなり摩擦を避けることができます。

 

お米の石けん

 

洗顔は、科学的な刺激や物理的な刺激を避けたうえで、不要な汚れをしっかり落とすことが理想です。

 

洗顔料は、この両方を兼ねたものを選ぶことが大切です。

洗顔料を選ぶポイント

泡立ちが良いもの

 

洗顔料は、界面活性剤の力で泡立ちを良くしますが、科学的刺激を受けやすい敏感肌の方は、石油系界面活性剤不使用のものが向いています。

 

瞬時に泡立ち、濃密で弾力のある泡が作れる洗顔料を選びます。

 

良く泡立たせるため、泡立てネットを使います。

 

油性の汚れにすぐ馴染み、スムーズに落とせるもの

 

敏感肌の上にクレンジング剤が触れている時間が短くても汚れが落ちるものを選びます。

 

クレンジング剤と水の親和性がよいもの

 

泡切れが良く洗い流しの時間を短縮できるものを選びます。

 

泡切れの悪いものは、何回も洗い流すので、刺激時間が長くなり、また洗い流しが足りないと石鹸成分が肌に残ることがあります。

おススメのお米ゆらいの石けん

お米から日本酒を造るときの発酵エキスを含む「日本酒ゆらいの化粧品」がお肌に良いと評判です。

 

それらの発酵エキスが含まれているのが、SKIIや米肌、ライスフォース、ライスビギンなどの化粧品です。成分は、それぞれ違いますが、どれも日本酒を造る杜氏の手はいつまでも美しいということから着目・開発された成分です。

 

この中で、お肌に優しく、泡立ちが良く、汚れ落ちが良いのに洗い上がりがしっとりすると評判の「米発酵エキスゆらいの石けん」をご紹介します。

米肌の石けん

豊かな泡の固形石けんです。毛穴の汚れや古い角質もスッキリ取り除き、必要な潤いはしっかりと守ります。

 

米肌石けん

 

透明感のあるクリアな素肌に導き、後から使用するスキンケアのなじみも良くなります。開いた毛穴もしまった印象になります。

 

特徴: 無香料・無着色・鉱物油フリー・石油系界面活性剤フリー

 

米肌石けん

 

石けんのみのサンプルは販売していません。サンプルで試したい方は、化粧水とクリームと一緒に石けんのトライアルがあります。

 

米肌石けんサンプル

 

14日分1500円と非常にお得なトライアルなので、他の製品とともに一度試してみると良いですね。

 

米肌公式ページ

関連ページ

顔の乾燥肌をどうにかしたい|乾燥肌には3つのタイプ別対策
顔が乾燥する。これは若い人にも多い悩みです。顔の乾燥肌の場合、原因は3つ。代謝が停滞しているタイプ、バリア機能が低下しているタイプ、お手入れ不足が挙げられます。顔が乾燥している原因は何か?を見極めると乾燥肌が改善することがあります。
肌のめぐりのリズムを知って正しいお手入れを
人にはめぐりのリズムがあります。めぐりのリズムを知ることで、効率的なお手入れをすることも可能です。
歳を取ると「目が小さくなる」のは目の目の周りがたるむから
年齢を重ねるごとに目が小さくなります。これはホント!若い頃パッチリとした大きな目立ったのに、年齢とともに目の輪郭がぼやけてきて、目が小さくなります。これは、目の周りの皮膚がたるんでくるからです。アイクリームやアイマスクで継続してお手入れすることで目の大きさを保ちましょう。