エゴマ油・コメ油などオイルは美肌を連れてくる

今まで、ダイエットの敵と言われてきたオイルですが、最近の健康ブームでオイルが見直されています。

 

オイルを飲んだり塗ったりすることで、美肌になった人の話は良く聞きます。

 

コメ油の美肌効果

 

最近の話では、メイクのし過ぎで肌がボロボロになってしまったざわちん。仕事から肌を酷使していたと言います。

 

ざわちんの肌年齢を調べると、23歳なのに平均値36.5歳と言う結果が・・・この結果に相当なショックを受けていました。

 

そんな彼女の肌をよみがえらせたのは、「エゴマ油」です。

 

エゴマ油は、オメガ3と言われる良質なオイルです。このエゴマ油を毎日スプーン1杯、1か月飲み続けたざわちんさんのお肌は平均値26.5歳に復活。

 

もうすこし飲み続ければ、実年齢になるでしょうね。

 

肌年齢の検査は、水分値、油分値、明るさ、毛穴、キメ、シワなど10項目にわたりチェックします。

 

一番効果が現れたのは、シミと油分値でした。潜在シミの肌年齢は42歳から30歳に、肌の油分値は43歳から15歳になりました。

 

また、エゴマ油は肌だけにとどまらず、お通じもよくなり、1か月で体重が5kgも減ったそうです。

 

お肌がきれいになり、便秘が解消し、そのうえダイエット効果まで!恐るべし「エゴマ油」ですね。

 

そんなエゴマ油ですが、それに負けず劣らず、色々な効果があるのが「米油」です。

コメ油の美肌効果

コメ油は米ぬかから作られます。

 

米ぬかの美肌効果は、江戸時代から知られ、米ぬかをさらしなどの布に入れて肌をこすったりする美容法がありました。

 

米ぬかには、消化吸収を助けるビタミンB1と食物繊維が多く含まれ、腸の働きを良くすると言われています。

 

米ぬかの良い成分だけ抽出したのがコメ油ですが、コメ油にはコレステロールの過剰な吸収をブロックする「ガンマ・オリザノール」と言う成分が含まれています。

 

コメ油

 

ガンマ・オリザノールはポリフェノールの一種で、抗酸化作用に優れています。「老化は酸化」と言われていますから、老化を防ぐにはポリフェノールを摂取することが重要です。

 

そんなコメ油ですが、最近、飲むよりお肌に塗ると美肌効果があると報告されいます。

 

コメ油には、フェルラ酸やビタミンEなど美肌に良い成分が含まれています。また、シミの原因であるメラニンを生成する酵素の働きを抑える働きがあります。

 

現在、オリーブオイルやエゴマ油などが人気ですが、今後は塗るオイルとしてコメ油が脚光を浴びると思われます。

 

お米から作られる米ぬかやお米を発酵して作る日本酒、米を絞って作るコメ油には、美肌効果が期待できます。

関連ページ

日本酒の力で乾燥肌を改善できる?
日本酒を造る過程でできる「米発酵エキス」が保湿力抜群であることをご存知ですか?ここでは、乾燥肌に悩む方へ米発酵エキスをたっぷり含む化粧品をご紹介しています。
日本酒のお風呂の入り方と酒粕パックの作り方
日本酒は飲む以外に、美容に効果があるとされています。日本酒には、保湿成分と美白成分が含まれているため、シミやシワなどアンチエイジングにも利用できます。
酵母と麹の違いは?どちらも日本酒には欠かせないものです
酵母と麹の違いって分かりますか?どちらが欠けても日本酒を作ることはできません。酵母と麹の絶妙なバランスが美味しいお酒を造り、その時に発生する発酵エキスが化粧水として年齢肌の悩みに効果を発揮します。
なぜ日本酒発酵エキスの化粧水の人気がすごいのか?
最近、酒造メーカーはもちろん色々なメーカーが日本酒ゆらいの化粧水を開発・販売しています。メーカーが日本酒やお米に目を付けたのは効果が期待できるから。効果が期待できないものは作りません。
お米のとぎ汁の化粧水・パック・洗顔料の作り方
ここでは、お米や日本酒ゆらいの優秀な化粧水を紹介してますが、コメのとぎ汁は、化粧水やパック、洗顔料としても使用することができます。米のとぎ汁の利用法を詳しくお伝えします。