SK2と米肌の比較

同じ米発酵成分を含んでいる化粧水でも、価格や使い心地、コストパフォーマンス、期待できる効果などが違ってきます。

 

ここでは、SK2と米肌の化粧水を比較してみたいと思います。

 

成分は、どちらも米麹発酵成分ですが、SK2はピテラ、米肌はライスパワーNo.11と言う独自の成分を使用しています。

 

化粧水の正式な名称は、SK2は「フェイシャルトリートメントエッセンス」、米肌は「肌潤化粧水」です。

SK2と米肌の量と価格(定価)

化粧水 価格
SK2

75ml
160ml
230ml

定価8500円(9,180円税込)
定価17,000円(18,360円税込)
定価22,000円(23,760円税込)
ショッピングモールでの30%割引有

米肌 120ml

5,000円(5,400円税込)
定期便購入にて割引あり

SK2には120mlサイズはありませんが、120mlで計算すると、約14,000円(税込)相当になります。同じ量で計算した場合、SK2は米肌の約2.5本分の価格になります。SK2の化粧水1本の価格で、米肌の化粧水が2本〜3本買える計算になります。

SK2と米肌の割引と特典

SK2の正規品は、以前は割引はありませんでした。現在もデパートでの販売は割引がありませんが、大手ショッピングモールのSK2カウンターでは、30%の割引があります。

 

sk2セール30%オフ

SK2 30%割引後価格(税込)

75ml ハーフボトル 9,180円→6,426円
160ml 18,360円→12,852円
230ml ビックボトル 23,760円→16,632円

米肌 定期便割引と特典

化粧水を定期便で申し込んだ場合、最大で25%相当の割引になります。
米肌定期便ボトルタイプ

 

化粧水(詰め替え用)を定期便で申し込んだ場合、最大で27%程度の割引になります。
米肌定期便詰め替えタイプ

 

また、得点として季節ごとにプレゼントがあります。
米肌定期便特典

 

定期便は、毎月、2か月、3か月から選べ、お届け時間帯も指定できます。変更やスキップ、解約も電話やメールで簡単です。

SK2と米肌の使い分け

日本酒化粧水の効果を確信している私は、SK2と米肌の化粧水を使い分けています。

 

さすがに、SK2だけを生涯使い続けるには私の場合今のところ経済が許しません。子どもが育ちあがった時、年齢用に改善された製品が発売されていたら、その時考えたいと思います。

私の使い方

私は、化粧水はケチらずジャブジャブ使いたい派なので、SK2はクリスマスパッケージやキャンペーン時にスポットで購入しています。

 

SK2キャンペーンで化粧水を購入

 

今回は、キャンペーン商品としてデザイン性のあるボトルが販売されました。230mlのビッグボトルに旅行用ポーチが付いて定価23,760円を30%オフの16,632円です。

 

SK2のビックボトル(230ml)は米肌約2本分に当たりますので、米肌の定期便をスキップしました。

 

時々、このようなボーナス(自分へのご褒美)的な購入で楽しんでいます。

詳細ページを見てみる

米肌にはトライアル(1,500円・送料無料)があります。

米肌の詳細

 

米肌公式ページ