清酒TRX(チオレドキシン)って?

チオレドキシンは、全ての生物に存在する低分子量の「酸化還元タンパク質」であり、様々な生命反応において重要な役割を担っています。

 

チオレドキシンのリボンモデル
チオレドキシン
参照: ウィキペディアより

 

チオレドキシンは、他のタンパク質の残骸が創り出すジスルフィド結合の還元・切断を促進することで、抗酸化物質として働きます。(wikiより)

 

抗酸化物質とは、老化を加速させる「酸化物質」を抑える働きをするものです。

 

チオレドキシンは、すべての生物において存在し、細胞が分裂するときに働きます。このチオレドキシンがあるおかげで、生物は一気に老化することなく、徐々に老化するんですね。

 

ありがたいたんぱく質(酵素)です。

 

チオレドキシンには、抗炎症・抗酸化作用がありますので、これを美容に役立てれば、老化を遅らせたり、若返ることも不可能ではありません。

 

この抗酸化機能を持つ「チオレドキシン」を化粧品に含有させることで、肌の潤い、ハリやツヤなど老化による悩みのエイジングケアができるのではないかという発想の元、作られたのが「黄桜」の「京美人エイジケア」商品です。

開発に8年物歳月を費やす

黄桜酒造が、京都大学ウィルス研究所 淀井名誉教授と研究を重ね、チオレドキシンの成分を化粧品に使用するに至るまで、8年の歳月がかかっています。

 

日本酒を造る酒造会社が着目した理由は、酒造りの過程で使用する日本酒酵母が「チオレドキシン」を生成すること。

 

日本酒酵母からチオレドキシンが生成するまで

 

このことから、日本酒から生成される「「チオレドキシン」を、清酒TRX(チオレドキシン)と名付けました。

 

黄桜酒造は、日本酒造りから得られた美肌の秘密と希少な成分「チオレドキシン」の研究を、美肌作りに応用できないかと言う発想から研究を重ねて、とうとう製品化に成功しました。

 

チオレドキシンは、非常に希少な成分のため、この量産化に8年の歳月がかかり、そして、今でもこの成分は非常に希少です。

 

お肌の水分量や弾力をアップさせる貴重な成分が、清酒チオレドキシンエキスです。